国立大学法人 小樽商科大学 体育会 應援團のホームページ

応援団員の役職について紹介します。

団長

団長
団のリーダー。

団員の”ヨイショ”のかけ声と共に片足20kgにもなる大きな下駄を軽々と揚げ移動します。

徹夜で仕上げた檄文を読み上げる”団長檄”は必見です。

副団長

演舞長も兼ねる副団長は、鼓手長とともに演舞”胡蝶の舞””雲龍の舞”によって味方を鼓舞します。

壮行会では小樽商科大学に伝わる寮歌“若人逍遥”の前口上を切るのも役割です。

副団長

参謀

参謀
団の頭脳、参謀。

式典の段取りや事前の打ち合わせは全て参謀が取り仕切ります。

壮行会や式典の際には司会進行を行うほか、小樽商科大学校歌”金鱗踊る”の前口上を切り、巨大な扇子”バカ扇”を用いた参謀エールを披露します。

鼓手長

応援は太鼓に始まり太鼓に終わる。そう言われるほど応援団にとって太鼓は重要な存在です。

競技応援、壮行会、その他すべてのデモンストレーションでその任を全うする鼓手長はまさに縁の下の力持ちです。

鼓手

団旗長

団旗
団の命である団旗を持ち、団の先頭を歩きます。

定期戦の試合後には両校の健闘を称えるために2メートルを越える竹で作られた団旗で空を割く”団旗エール”を披露します。

新参

1年目の団員は全てこの新参として応援に携わります。

競技応援では応援形態を成して味方を激励し、デモンストレーションでは校歌や寮歌斉唱の先導から団長檄の補佐、合いの手”了(りょ)”をかけるなどその働きには枚挙にいとまがありません。

新参は1年の期間を経て応援団の精神を学び、上記5つの役職を先輩から引き継ぎます。

新参